外部SEOやSNSなどに一切頼らず上位表示を実現!

【公式】タクティカルアフィリエイト

● 外部SEOやSNSなど一切頼らないこれからのやり方
オリジナル教材

知らなと損するSEO

唯一のSEO!アルゴリズム改変の影響「ゼロ」の実例

更新日:

SEOの秘訣

グーグルさんの検索アルゴリズムが改変(アップデートを含む)される度に、「検索結果に大変動が発生」と称する記事が出現し、対応策などが出回ります。そもそも、アルゴリズムの変更に都度対応しなければならないサイトやコンテンツは「低質」なのです。タクティカルアフィリエイトが実践しているSEOやコンテンツ制作を進めれば、アルゴリズムの変更など、全く関係ありません。以下に根拠を示して解説します。

グーグルさんは、なぜ頻繁にアルゴリズムの改変をするのか

グーグルさんはなぜ、検索アルゴリズムの改変(アップデートを含む)を頻繁に行うのでしょうか?
その答えは、とても簡単です。「検索している人に最高の検索結果を提供するため」です。要するに、インターネット上で何かを探している人に対して、可能な限り簡単にその答えを見つけてもらえるようにするためです。

したがってアルゴリズムの改変やアップデートがされる度に、対策などを必要とするサイトやコンテンツは、そもそも「低質」であり、小手先の都市伝説的な対策を施したところで、ほとんど意味がないのです。

SEOの経験が浅い人が陥りやすい間違い

SEOの経験が浅い人が陥りやすい間違いとは、ズバリ!無駄な内容を網羅して記事ボリュームを増やそうとすることです。

「記事の文字数は、多い方が有利」とする都市伝説的な対策があるようであるが、これは完全に間違っています。もちろん、短すぎる記事は論外なのですが、要するに大切なのは、「速やかに答えが分かること」であって、その答えを、適切なボリュームで速やかに提供することなのです。

ところが、経験が浅い人やノウハウコレクターは、文字数を増やすこと、ページを量産することに傾注し、肝心要の「余計な情報は提供しない」とする考えを持てないまま、疲弊し挫折してしまうのです。

アルゴリズム改変(アップデート)の影響を受け難いSEOとは

そのページやコンテンツは、「誰に対し、どんな課題や問題が解決できるページなのか?」を明確にし、コンテンツを通じてその答えをスマートに提供するのが極めて重要です。

アルゴリズム改変の影響を受け難いSEOとは、無駄なものは削ぎ落して、簡潔明瞭なコンテンツの作成を心掛けることです。総量アップの目的で、テキスト量を増やすことは、内容が薄くなるだけでなく、速やかな情報提供にも逆行します。上位表示には「百害あって一利なし」の愚行です。

実際に、当研究所の検証においても、無駄な解説などを削ぎ落したページが、その後に検索順位を上げる現象は普通に存在します。

そのために、どんなリサーチと準備、経過観察が必要で、いかなるコンテンツ構成が効果的であるのかを解説しているのが、タクティカルアフィリエイトの教材です。

アルゴリズム改変の影響「ゼロ」のSEO実例

以下は検索結果を調査管理するツールで有名な「GRC」のレポートです。
キーワードは「*** 使い方」です。

比較的、安定した収入源になっているコンテンツの直近の12カ月の検索順位のレポートです。
教材では、ノウハウを含め、そのサイトやコンテンツの全てを公開していますが、ここではサイトが特定される情報はブラインド処理をしています。

直近の12カ月においては、検索アルゴリズムの変更に動じることなく、「Google」「Yahoo」「Bing」の何れにおいても「*** 使い方」で1位表示されているのが確認できます。

これを外部SEOやSNSに一切頼ることなく実現させています。

検索順位表

加えて、下のキャプチャーは、サーチコンソールから抜粋した「2018年11月」における「*** 使い方」に関する当該コンテンツの検索パフォーマンスの結果です。

1ヶ月間で「3,026回」表示され、検索順位は「1位」、クリック数は「2,317回」です。そして、重要となるクリック率は「76.6%」です。すなわち、3026回表示され約77%の人がクリックしてくれています。極めて効率的にクリックされているのが確認できます。

サーチコンソール

-知らなと損するSEO
-

Copyright© 【公式】タクティカルアフィリエイト , 2019 All Rights Reserved.